タマネギ嫌いの子ども

自分の中学校の小児はタマネギが嫌いなんです。
何故嫌いなのかはよく分かりませんが、小児曰く、口当たりが不向きらしきんです。
我が家の食事は、タマネギによる献立を見つける際は、タマネギが分からなくなるまで細くきざむか、タマネギを抜いてしまうしかないんです。
タマネギを使う献立といえば、カレーに、シチュー、肉じゃがやミートソースといった、献立の味のオリジナルを担うような品物も結構多いんですよね。
嫌いなのは口当たりだけで味は大丈夫なので、カレーなんかはどろどろになるまで煮込めば大丈夫なんですが‥。
某ハンバーガーサロンのオニオン指輪までをみると、発狂しています。
ちなみに、自分はタマネギが大好きだ。
炒め品物なんぞした場合、タマネギを炒めるって必ずや食欲をそそる良い模様がしますよね。
そういうタマネギお宝の自分としては、つらい以上です。
なんとかしてタマネギ嫌いを克服してほしいんです。
ただし、嫁は「嫌いな物は食べなくて良い」と言っていますし、嫁手作業も乳房が嫌いで「私は乳房を飲まなくても、ここまで生きてきた」といった豪語する状態です。
およそ小児も、大人になってもタマネギ嫌いを貫き通すのでしょう。
あとあと小児の亭主になるヒューマンは、外食に行くって抜かりなくタマネギが組み込み組み込みになる事でしょう。