そしてグレープしかいなくなった

冬季のでコンビニでもハーモニーの甘味が増えてきたような気がします。につき前週セブンイレブンで「レアチーズ抱え」をいちはやく買いました。
以前からくりぃむわらびやてぃらみすわらびも食べてるけど、これはレアチーズを包ん生じるだけでセンターには何も入ってませんでした。
テーストはというとレアチーズという抱えが丸々入ってる感じです。悪くはないんだけどしばし何か入れてほしかった!
たとえばセンターにイチゴやラズベリーのソースを入れたら軽々しくて上手くなると思いますよ。
レアチーズといったいちごの運気もひどくはなさそうですし。
美味しいけど物足りないので、新規にまた目論見します。
そうして週間明けになってから、また喉がイガイガという痛くなってきました。秋ところも痛かったので治ってこれで安全かと思ったのに、また痛み出しました。
原因としてはこの時期の乾きもおよそありますが、自分の好みですテレビでの運動視聴を見て延々としゃべりめくるのもあるかもしれない…。
たとえば好きなサッカーリーグの競り合いをライブで確かめるためには、3時半とか4ら起きてみないといけないんですよ。
ですから早めに寝てまた起きての繰り返し。
ホンマな正しい時間に寝入るべきですが、なかなかサッカーが見たいんです!しばし雰囲気を見て、治らなければ視聴を諦めるしかなさそうだ。

報道されなかったカボチャ

小学校からハイスクールまでピアノを習っていました。長く習っていたわりには家でまともに練習しないで来てしまいました。チェルニー30番を初めて終了出来たものの、医師の書き込みは甘かった。チェルニーって簡単な音符が並んでいるので弾こうと思えば弾けますが、苦痛はローテーションです。リミット速度通りに弾くという指がおかしくなるぐらいローテーションが手早いのです。ボクはチェルニー30番をのほほん弾いて医師に丸を頂けていました。ですから、少なく弾けないのが気苦労なのです。ユーチューブでチェルニー30番のプレーを見ると、小学校ぐらいの子どもがリミット速度を守って弾いていて激しい。それでいて指使いもエレガントだし、音色の粒まで揃って頼もしいプレーだ。私のママの近所にピアノを教えてある医師がいるんだけど、小さい頃からピアノを通していれば自然と手首の用法を憶えられて、苦労しないで楽譜を読めるようになると言ってました。私もまじめにやっていればその子どものように弾けたんだというと、何でやらなかったんだという過去の自分のピアノとの向き合い方を反省してしまう。狭苦しい瞬間ほどは伸びないかもしれないけど、大人になった近頃、とにかくはじけるようになりたい。ですから近頃、指が回らなくてもチェルニー30番を真面目に弾いていらっしゃる。約ひと月弾いてきてわかったことは、常にやればちょっぴり速度をあげてはじけるようになった曲もあるが、とある特定の曲だけは一向に速度があがらないどころか、のほほんと弾いても錯覚ばっかりしてしまうに関して。

たまにはグレープのことも思い出してあげてください

先日、生まれ故郷では餃子まつりというものが開催され、二日目線に身寄りが行くとのことでしたので、付いていきました。
今回は早めの出動で、9ステージ前にはフィールド入り。今年は案件の影響で開催が危ぶまれておりましたが、無事に開催されましたので、平和でよかったなぁと思います。
ただ、案件直後として、回りのデカもいたりって魅了は多いなぁと感じる最近でした。
始まり1歳月フロント、今や並んでいる人たちがいて、私は驚くわけですが、別足取りを通じていた身寄りが、「あんた並んでいるけど何処いるの?」といったわあ。
10ステージ開催のところ、30分前倒しでの始まり。気になるお店に最高立ちでゲットしたわけですが、この時点で並んでいるところはとうに1歳月スタンバイ。
皆好きなのだなぁ~と眺めていました。
今年は何だかんだあっただけに、者はいたけれど昨年によって少し少な目なのかな、という様子。
県内外からも来ている者もいて、皆餃子が好きなのだなあ、と思いつつ、美味しくいただきました。
奥さんの同僚の方も来ていて、合流しての余談。皆イベントへの感覚の高さがうかがえました。
私事に、例年おもうわけだが、並ぶだけでくたびれる、んですよね、人も多いですし。
そこに行きたいという身寄りは、スタミナがあるなぁと感じます。